無期限イカメットへの道 その2

来週、半年前に予約した無期限イカメットの面接があります。

半年もあったので、ほぼすべての書類を揃え準備万端。
Gün saydırma belgesiはVatanの移民局で9月に申請、11月に受け取り。
健康保険は妻のSGKにお世話になってるので、Kadıköyのミニビュス通りにあるSGKビルにて9月に書類受け取り。
無犯罪証明証は、日本とトルコ両方必要ということで、日本のは9月に領事館に申請して先月受け取り。
トルコでの無犯罪証明証はKadıköy移民局の建物内にある部署でその場でさくっと取れた。
過去3年間に生活保護などを受けていないことを証明する文書は、ウスキュダルのKaymakamlıkでこれもその場ですぐもらう。
住所証明書は有効期間が1か月なので、今月初めにウスキュダルのKaymakamlıkで取る。
あとはパスポートや家族手帳のコピー、証明写真4枚。
そして残るは申請者本人名義の過去1年間の銀行口座記録。

1年半前、税金関係とかでいろいろ面倒くさいなあと、僕の口座を解約して妻との共同名義の口座にした。
てゆか、したつもりだった。
いろんな書類にいっぱいサインもしたし。

昨日、口座記録証明書を発行してもらおうと銀行に行ったら、

共同口座になってなかった。


ええええ???


僕と妻、口あんぐり。


担当者を呼ぶ。
実は僕と妻の口座の担当者は別の人だったんだけど、共同口座にするとき、異動で担当者が変わってた。
これは一体どういうこと?
新しい担当者に問いただす。
あらら、ちょっと目が泳いでるね。
問いつめていったら、なぜか高圧的な態度に。

以前サインした書類どこにあるんですか?って訊ねても

ー 知らないわよ、1年半前のことなんて覚えてる訳ないでしょ、1日に何人の顧客相手にしていると思うの?  
と逆切れ。
まじかよ。

ちなみに共同口座ってね、僕はてっきり妻の口座に僕の名義が加わるんだと思ってたんだけど
そうではなくて、二人とも解約して新しい口座を作らないといけないらしい。
だから妻の口座をそのまま使い続けてたということは共同口座であるはずがない、ということ。
まあ言われれば確かにそうだが・・・

ー だいたい気づかないあなたたちが悪いんでしょ? 

こいつ・・・!! 
いやでも共同口座は新規に開設しないといけないって知らなかったし(てゆっか聞いてないし)

ー そういうことも知らないの? あなたたち何にも知らないのね?

怒濤の逆切れ。
うそみたいだろ・・・でもこれ実話なんだぜ。

なんでわたしたちがそんなこと知ってないといけないのよ、そうと説明責任があるのはあなたでしょ!
手続きしてその後何も音沙汰ないなら共同口座になってるって思うじゃない!
と妻も応戦。

しかしああ言えばこう言うのやりとりで埒があかず。
現時点で共同口座がないんだから収拾つかず担当者、奥に逃げる。
別の人が代わりに話を聞いてくれるけど、どうにもならない。
どうやらこの新しい担当者、僕らがサインした書類なくしたか、
書類に不備があったけど、僕らに知らせるのを忘れたか、
担当引き継ぎの過程でミスったっぽい。
大手銀行でこれだよ、もうどうしようもない。

僕も妻もお金の管理にそんなに無頓着なわけではないけど
こっちの銀行って言わなきゃ通帳発行してくれないし
預金や引き出しは家の近くのATMで全部済ませられるし、残高くらいしか確認することなく、
ネットでログインして口座記録を確認することもなんて特にしなかったから
共同口座の手続きをして、それが受け付けてもらえてなかったなんて思いもしなかったよ。
それに手続きした時期は妻は身重だったし、他にいろいろ考えたりやることが多くて口座なんかに気が回らず
息子が生まれてからは昨日まで、口座の名義確認のことなんて頭に浮かぶ暇無し。
僕らも不注意だったけど、どうしてくれんのこれ。

無期限イカメットのためには必要な銀行口座証明書は本人口座のものでないといけない。
配偶者の口座証明書はダメなんだよね。

ということは・・・わたくし、面接前に書類不備が確定してしまいました・・・。





ははは。






応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
by teppeiyama | 2016-12-21 08:09 | 日常生活 | Comments(4)
Commented by 北村 at 2016-12-23 06:48 x
無期限イカメットへの道は思った以上に長く険しいね(^_^;)
相変わらずやるなートルコ(笑)
そのノリで書類不備があっても無期限イカメットを発行してくれると良いのにね〜☆
Commented by teppeiyama at 2016-12-25 03:54
結果って結局担当官次第だと思うんだよねえ。
厳しい人とそうでない人の差が激しいからなあ。
いつもはほとほと参っているトルコ人にいい加減さだが
今回はそれに期待するのである!
Commented by ateliercinicini at 2016-12-27 01:47
結果はどうなったのか?
ドキドキ。
Commented by teppeiyama at 2016-12-28 04:11
次の記事の通りでございます。