無期限イカメットへの道 その5 申請期間中の注意事

先日もらったMüracaat belgesiには、文書の右下欄に小さくAçıklamalar(備考欄)があります。
難しいことは見て見ぬふりの怠け者なので、それ全く読んでなかったんです。
ほら、取り扱い説明書の類いなんかもあんまり読まないしね。

でもイカメットの件で情報交換をしている方とのやり取りでちょっと気になったことがあってさ、
ちらっと読んでみたの。

d0162815_99577.jpg

読んでみると問題が出てきたので、上からいちいち翻訳してみなさまに意見を乞うてみる。
(誤訳あるかも。あったら訂正歓迎です)


Bu belge, ikamet izni harcı ödeme makbuzuyla birlikte taşındığında geçerli olacaktır.
この文書は、イカメット手数料の領収証と一緒に携帯した場合のみ有効になります。


前回書いたけど、手数料払ってないんだよね。
正確には移民局の人に、結果が出てから払ってくださいって言われて、払うつもりが払えなかった。
税務局とかで勝手に払ってきていいのかな?


İkamet izni başvurunuz sonuçlanıncaya kadar bu belgeyle Türkiye'de kalabilirsiniz.
イカメット申請の結果が出るまでは、この文書でトルコに滞在することができます。


これはそうだね。問題ありません。


Bu belge birden fazla giriş hakkı sağlamakta birlikte, 11 inci satırda belirtilen süre içinde olmak kaydıyla ikamet harcı ve cezası ödemeden çıkış yapabilirsiniz.
この文書は、複数回入国する権利を提供すると共に、11項目に記された指定期間内を条件として、イカメット手数料と罰金を支払わずに出国できます。

平たく言うと、イカメットなくてもこのMüracaat belgesiあれば出入国はご自由にってことだよね。

ちなみにMüracaat belgesiの11項目は「Başlangıç ve bitiş tarihi(開始日と終了日)」なんですが
僕の文書ではここは空欄になっているんです。
で、この項目には※印があって※欄には何と記してあるかと言うと

Bu bölüme verilmesi planlanan ikamet izninin başlangıç ve bitiş tarihleri yazılır.
この項目では、与えられる予定の滞在許可の開始日と終了日が書かれます。

考えるに、この項目は滞在期間が限定される短期イカメット申請の方のための項目。
僕の場合はUzun dönem ikamet (長期イカメット=実質無期限)なので
この項目は空欄なのだろうと勝手に解釈してみる。まあ空欄なのでどうでもよいのである。


問題が、〜イカメット手数料と罰金を支払わずに出国できます。にすぐ続くこの文章、
Çıkış yaptığınız tarihten itibaren, 11inci satırda belirtilen sürenin sona ermemesi ve on beş (15) gün içinde dönmeniz halinde ülkeye tekrar girişinize vize alma yükümlülüğünüz bulunmamaktadır.
出国日以降、11項目に記されている期間の最終日を越えず、15日以内に戻ることを条件として、再入国でのビザの取得義務はありません。



15日以内に戻る???
この夏、1ヶ月くらい日本に帰ろうと思ってるんだけど!!


しばし呆然。


15日過ぎたらどうなるんだろう?
調べてみたら移民局ウェブサイトのよくある質問コーナーに記載されてた。

Q:İkamet izni başvurusu yaptım.Değerlendirme sürecinde şu an ,müracaat belgesi ile 15 günden fazla yurtdışında kalırsam bir yaptırımı olacak mı?
Q:イカメットの申請をしました。今現在審査中なのですが、Müracaat belgesiで15日を越えて国外に滞在した場合、ペナルティーはありますか?

A:İkamet izni müracaat belgesi yabancıya 15 gün yurtdışında kalma hakkı verir, bu sürenin aşılması halinde vize rejimine tabi olunur.
A:イカメットのMüracaat belgesi保持外国人には、15日間の国外滞在権利が与えられます。この期間を越えた場合、ビザ制度に従うものとします。

言い方は違えど結局はMüracaat belgesiに書いてある文と同じこと言ってるよね。
要するに15日を越えた場合はビザを取得しろと。
例えばトルコ入国にビザが必要な国の外国人は、Müracaat belgesiでは再入国ができず
別途ビザを取得する必要がある、そういうことだね。
でも日本人はトルコでは入国後3ヶ月間はビザ免除で滞在できるんだから、
ビザ制度に従うということなら普通に考えて再入国はそのままできるはず。(だよね?)

でも再入国後のMüracaat belgesiはどうなるのだろう、無効になるの?

イカメットが切れてから延長申請期間に出入国した人には、面談時に400リラの罰金が科さられた、
というような話を人づてに聞いたけど、今回のケースでも罰金で済むのかな?
なにせ約5年ぶりの日本だからね、400リラくらいの罰金で済むなら罰金払って好きなだけ滞在したい。
でもイカメットの申請自体がリセットされてまた一からやり直してくださいってことになったら困る。
そこらへんがよく分からない。

来週、カドキョイの移民局に行って確認してこよう。
イカメット審査期間内にMüracaat belgesiで15日を越えて国外滞在したよ、というチャレンジャーの方、
もしおられましたらご連絡を・・・。






応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
by teppeiyama | 2017-01-11 06:30 | 日常生活 | Comments(0)