ろくろワークショップ

先日のタクシムのギャラリーでのワークショップの様子。


まずは菊練り。

d0162815_09193280.jpg




ろくろの前に、道具作り。

d0162815_09200314.jpg




そしてろくろのデモンストレーション。

d0162815_09322463.jpg


いつもやってることだから慣れてはいるけど、たくさんの人に動画を撮られらがらのろくろは
頭の片隅に(こりゃ失敗しちゃいかんゾ・・・)という緊張感がともなってドキドキ。



来週は今回ひいた作品の削り、急須の組み立て等をやります。







応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ





[PR]
by teppeiyama | 2017-05-26 05:25 | 陶芸 | Comments(2)
Commented by 夢工房あすか at 2017-05-26 12:10 x
初めてコメントします。北村さんも頑張っておられますよ。
面識はありませんが、地元ですから個展やブログなどで作品をよく観てます。
小皿を2枚もってます。いつも使ってます。

トルコは陶芸が盛んですね。素敵なワークショップの光景です。羨ましい。
今は、何でも携帯で写真を撮られる時代ですね。緊張するでしょうね。
日本は陶芸ブームが去って久しく、若い人たちの関心も薄いようです。
外国人の方達の方が、伝統的なものに興味を示され大事にされますね。

今、日本では「世界! ニッポン行きたい人応援団」というテレビ番組があります。
素晴らしい番組です。大好きです。感動します。毎週木曜日に放送されてます。
昨日は、フランスで浮世絵を独学で学んでる男性が日本に招待されましたが、
浮世絵の道具のバレンを作る日本で唯一の職人さんなどを訪ねて学んでました。
日本人が忘れている日本の伝統品や、その伝統の技、文化を遠い国の
外国人が、ネットなどを通じて熱心に取り組んでいるのに毎回感銘を受けます!
さらに、日本にこんなにも素晴らしい知らなかった伝統の技があるのに驚かされます!!

日本に素晴らしい伝統文化があるのを、外国人の人達に教えられてます。
日本の若い人達も、華やかなものに憧れるだけでなく、
この素晴らしい日本の伝統の技や文化に気づいて欲しいものです。
日本の職人さんの心と、伝統の技、文化には毎回感動させられてますが、
日本ではその技、文化を継承する人が少ないのが至極残念です。
継承して欲しいものです。こういうことこそ国が支援して行かなければならないのでしょう。
Commented by teppeiyama at 2017-05-28 09:07
夢工房あすかさん
コメントありがとうございます。

トルコではここ数年陶芸がとてもブームになっています。僕がトルコに来た10年程前は、イスタンブルではあまり陶芸工房を見ることはなかったのですが、今は本当に多くなりました。もちろんそれ以前からイズニック、キュタヒヤ、アヴァノスなどの伝統陶器の産地に行けば工房もたくさんあり、たくさんの職人さん達がいますので、陶器生産は盛んだったのですが、都会に住むハイソな人達の間で陶芸が盛んになったのは本当にここ数年ですね。陶芸に関わっている者として、とても面白い時期にトルコにいるなあ、と思います。(政治的には混乱の極みのトルコですが笑)

「世界! ニッポン行きたい人応援団」面白そうな番組ですね。同年代のトルコ人の友人で10代の頃から盆栽をしている男性がいるのです。彼くらい盆栽に詳しく情熱を持っている若者は日本にもなかなかいないだろうなあと思うんですよね。彼を日本に連れて行ってほしいですね。

陶芸でも、日本の陶芸に興味のあるトルコ人はいっぱいいます。ヨーロッパの陶芸もかなり日本の陶芸の影響があります。やっぱり日本の陶芸ってレベルが高いですからね!
皆が注目している日本の陶芸です。ずっと世界を引っ張っていてほしいものです。