カテゴリ:ニューヨークにて( 9 )

セントラルパークを西から東に突っ切って、

d0162815_68492.jpg



メトロポリタン美術館に行ってきました。

d0162815_812868.jpg
ここの入場料の金額はなんと任意!
富ある者も貧しい者もみんなが等しく見学できるようになってるんですね。
この美術館にあるすべての所蔵品は世界中みんなの財産。
素晴らしいシステムです!

といってもチケットカウンターには一応推奨金額としてひとり25ドルと表示してありました。
一般的アメリカ人の経済水準で25ドルが妥当なら、一般的トルコ人の経済水準では
10ドルくらいかなあ、と勝手に解釈してカウンターのお姉さんに恐る恐る差し出す・・・。
ちゃんとにっこり入場チケット(というかタグね)を渡してくれました。


最初にのぞいたのは古代エジプト文明。

d0162815_815093.jpg
こちらハトシェプスト女王の像。
約3500年前の彫像ですよ、鼻息も当然荒くなります!
近づけば、古代エジプト人が振るったノミの跡。
うおおおお、めっちゃ触りたい・・・。

そう言えばどういった経由でエジプトの遺物がニューヨークにあるんでしょうね。
トルコではオスマン帝国が滅びた時にヨーロッパ列強がもっていっちゃった文化財とかあるので
こういったものもその時代のジャイアン国家が奪ったものなのかなあ、なんて思ったり。
特に第三世界の文化財ってそれっぽいでしょ。

まあそういった略奪の歴史があるから、今現在こうやってここで世界中の歴史遺産を
ぐるりと歩いて見てまわることができるのだけどね。。。


こちら中世ヨーロッパの絵画。

d0162815_832665.jpg
これぞ「ザ・絵画!!」って感じ?
MoMAにあった絵とは画風が全然違いますね。
絵はよく分からないのでただ単にすごい!としか言えないのが悲しい。
いやとにかくすごいです。圧巻です。


タイトルも作家もメモってないけど、存在感に圧倒された大理石の彫刻。

d0162815_8371.jpg
肌も、筋肉も、その内側に存在するであろう骨も、血管も・・・
ホントにメドゥーサに一瞬にして石化されたみたい。

今やってるトルコの大河ドラマで、スルタン・スレイマンの妹のハティジェが自宅庭にある彫像
(戦利品としてイブラヒムがハンガリーから持ってきたもの)を見て異様に怖がっていますが、
こういうリアルな彫像って本当に人を恐れさせるに足りうる魔力がありそうです。
もちろんハティジェの場合は宗教的にタブーってのがあるけどね。。そりゃ発狂するだろうさ。


メトロポリタン美術館、めちゃめちゃ広かったです。
とても1日では廻りきれませんでした。
あとから「そういえばあれ見たかったなあ・・・どこにあったんだろう」なんて
自分たちの無計画さをちょっと反省。
まあ行き当たりばったりでいろいろ見るのも面白かったけどね。


歩き疲れて休憩中、目の前にあった弓を引く金色の少女。

d0162815_835368.jpg
夕陽に染まって神々しかった。。。
いつかまた見に行きたいなあ。



応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
ニューヨーク滞在で気になるのが宿泊費。
どこに泊まったの?と何度か訊かれたのでちょっくら安宿情報。。

ニューヨーク、ホテル代高いですね。
ゲストハウスやホステルにしてもプライベートルームはそれなりにするし。。
てゆっか100ドル以下だとろくな部屋ありません。ひじょーに狭い。
三十路をとうに過ぎた脱バックパッカーとしては年相応にもっとゆったりしたところに泊まりたい。

で、このサイトを使ってみました。www.airbnb.com

簡単に説明すると、空きアパートor空き部屋を短期で貸しますよってシステム。
タダで宿泊できるカウチサーフィンというものを聞いたことがある人多いかも。
これはそれを宿泊ビジネスとしてシステム化しているWebサービスと言えば分かりやすい。


え?他人の家に泊まるの?そんなの落ち着かない!という方はおいといて
(他人のアパートに滞在ってもしかしたら日本人的にちょっと抵抗あるかも?)
このairbnb、賢く使えばものすごーく滞在費を節約できます。
アパート借りたら自炊もできちゃいますからね。


サイトのEntire home/aptで検索して見つけたブルックリンのアパート。
家主さんがイスタンブル出身のトルコ人女性建築家ってことが決め手。すごく安心。

d0162815_8544410.jpg
間取りはロフト付きの2LDK。弟も来てたからベッドルームが2つ。

d0162815_10133984.jpg
リビングの大きな緑と開放的な屋上がとっても素敵なアパートでした。
これでゲストハウスのせまい部屋より安いんだからお得でしょ。


ちなみに家主さんは隣りのアパートにイタリア人の建築家と同棲中。
僕らが泊まったアパートはもともとイタリア人の彼が住んでいたらしいです。
自分のアパート使ってないからairbnbに登録しているとのこと。なるほどね。


似たシステムのカウチサーフィンとの決定的な違いは、金銭契約があること。
タダで泊まれるカウチサーフィンはタダなりに家主とのコミュニケーションが求められますが
airbnbは基本的に家主側がビジネスと思っているので、宿泊者に対する干渉は最低限。
金銭契約が間にある分、お互いに安心できますね。いい意味でドライです。
ま、20代で独身ならばカウチサーフィンやってもいいかなあって思うけど^^


物価が安い国では比較的簡単に安くてもいい宿見つけられるでしょうが
欧米の都市で宿泊代がかなり高いところではairbnbを使ってみるのもひとつの手。
いい物件が見つかればすごく快適な滞在になること間違いなしです。
もちろんアパートを選ぶ時にはレビューをしっかりチェックしましょう!



キッチンがあると滞在中の食生活もストレスフリー^^

d0162815_10515617.jpg
近所のマーケットで買った牛肉と豚肉ダブルステーキ!全部でたったの10ドル!
ニューヨーク、ホテルは高いけどお肉が格安でもうびっくりです。。



応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
といえば、マンハッタンブリッジを背にしたこの風景。。

d0162815_49434.jpg

もともとは倉庫街だったというここダンボ、今では赤レンガの建物にアーティストが工房を構え
ギャラリーが立ち並ぶニューヨークの新しいアート発信地となっているようです。





応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
僕らの世代はこれじゃない?




- Observation deck ?

- Sorry, ma'am, but it's too late.



- Please. I really need to get up there.

- We're closing up. No more runs tonight.



- Listen.... Can I just take a look ?
There's someone I was supposed to meet.
He's probably not there, but if I don't at least look, I'll always wonder about it.


- Cary Grant, right ?

- You know that movie?


- One of my wife's favourites.


一番好きなシーンです。
こんな粋な守衛さんがいたらいいですよね。




僕らが行った時の守衛さんは陽気な黒人さんでした。

- Japanese?

- I am, She is Turkish.

- Welcome my friends ! ×××× !(フレーズ忘れた..)


××××は、たぶんここ数年日本で流行ったor流行っているのであろうギャグ(?)
日本人観光客が教えたのでしょう、不意を突かれました笑
と言っても残念ながら日本に住んでないのでピンとこなかったけどね。
守衛さん、そんなことより「Cary Grant, right ?」って訊いてくれよ。




エレベーターに乗って86階。

d0162815_317959.jpg
マンハッタンの夜景、とってもとっても綺麗でした。



応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
ニューヨーク近代美術館(MoMA)に行ってきました。

d0162815_19345727.jpg
言わずと知れたモダン〜コンテンポラリーアートの殿堂。
毎週金曜日16時から無料開放されるという情報をキャッチした僕らは、
もちろんきっちり金曜16時に行ってまいりました。

ちなみに無料と言っても「無料チケット」を入手しないといけません。
16時の時点で建物周辺にものっっっっすごい長蛇の列があったのでびびったけど、
係員がチケット配り始めたら5分もしないで入場できました。

MoMAには写真にポスター、彫刻、建築、インスタレーションなどいろいろな分野の
近代・現代アートがありますが、本命の絵画中心に見てまわりました。


d0162815_20394938.jpg
サルバドール・ダリ「Persistance of Memory」
美術教科書に絶対載ってるダリの代表作ですね。
意外とサイズが小さくてびっくり。(パソコンのモニター程度の大きさでしたよ)


d0162815_20393750.jpg
ピカソの絵いっぱいあったけど、個人的にはこれが好き。「Girl with Mandolin」


d0162815_2161195.jpg
数年前映画化されましたね、フリーダ・カーロ。泣けた。
眉毛ですぐ判明。


d0162815_21294785.jpg
画家の名前は知らないけれど美術本でよく見た絵柄。。。
フェルナン・レジェ「Woman with a Book」でした。


d0162815_2040396.jpg
アンリ・ルソー「The Sleeping Gypsy」
この絵をおかずにパン3本くらい食べられる気がする。(白米はムード的に無理だけど)
ホントにホントにこれ大好きです。


d0162815_21463695.jpg
でもモネはあんまり好きじゃないんですよね。
てゆっか絵でか過ぎ。よく分からん。


d0162815_222981.jpg
アメデオ・モディリアーニ「Reclining Nude」
裸婦ってよく題材になりますね。画家はよく知らないけどこれ気に入りました。


他にもたくさん素晴らしい絵がありましたが
数ある巨匠の作品の中で僕がいっっっっちばん感動したのは・・・


d0162815_2255665.jpg
ゴッホ!「The Starry Night 」!!

力強いタッチ!
幻想的な青と黄色!
ずっと見ていると飲み込まれそうな夜空の渦!
実物、感動ものです!




いやあ、いいもん見させてもらいやした・・・(しかも無料ですぜっ)

d0162815_2222499.jpg
今宵は酔う。





応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
快晴のニューヨーク。
今回の第一目的(個展を除く..)ブルックリン・ブリッジを渡る!

d0162815_18412597.jpg
橋の入り口はギャラリーのあるDowntown Brooklynから歩いていける所にありました。
目の前に広がるマンハッタンの摩天楼を目指して出発。


d0162815_21112160.jpg
橋は二層になっていて、下が車道、上が歩道と自転車道。
木の板が並べられた上層の歩道は足裏の感触がとっても心地いいです。


d0162815_21353030.jpg
二つある吊り橋の主塔のひとつ。石造りが歴史を感じますね。


d0162815_21441339.jpg
左手を向けば遠くに自由の女神がありました。やっぱりホントにニューヨークだ!




教科書にあった写真の橋、いつか渡ろうと思った中学英語の授業から約20年、

d0162815_2291121.jpg
宿題完了!




応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
オープニング当日。

d0162815_0463058.jpg
事前にギャラリーのスタッフの方々とミーティング。
作品についてのコンセプト、来客に伝えたいことなどを説明します。

日本で陶芸を学んでトルコに住み始めて、トルコでもたくさんの人から陶芸を学んで
今は自分なりに日本とトルコのフュージョン的なものを意識して作品制作をしていること・・・。
大まかな自分の考えを伝え、作品をひとつひとつ説明。
たまに日本語をスコンと忘れて固まってしまう、実に分かりにくかったであろう僕の説明を
ノート片手に真剣に聞いてくださり、質問さえもしていただいたスタッフのおふた方に感謝。
知らない土地での展示会で、自分の作品のコンセプトを共有してくださる人がいると安心です。


d0162815_0505630.jpg
オープニングの時間になり、ぽつぽつ人が集まりました。
見に来ていただいた方々には概ね好評のようでほっと一息。
ニューヨーク在住のアーティストの方々と情報交換をしたり楽しく短い時間を過ごせました。

個展の総括はまたいつか。
他、会場の作品展示写真はこちらに載せてます。



応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
個展オープニング前日、午後から搬入と展示開始。
鳥の置物に飾り皿に陶板に壷にカップに茶碗、計43品。

d0162815_12581626.jpg
ギャラリーの図面を見て前もって展示計画を立てていたのだけど
実際に作品を陳列してみるとバランスが悪く再配置しないといけないこともあって
なんだかんだでけっこう時間かかりました。


展示終了後の夜、福岡より弟到着。
d0162815_13345370.jpg
兄は一心不乱に何かを炒め中・・・。


その何かとは、これだー!
d0162815_13375376.jpg
ベーーーコーーーン!!

イスラム国のトルコにいるとなかなかありつけないお宝でございます!
イスタンブルの新市街には売ってあるお店あるのですが、値段が高くて手が出せません。
しかしここでは!こんなにどっさりベーコン入って、たた・・・たったの3ドル!
さすがアメリカ!こういうの待ってたぜ!

d0162815_13431279.jpg
夜食のスパゲッティーにベーコンがっつり入れていただきました。
ベーコン最高!



応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
長らくご無沙汰です、ニューヨークから帰ってきました。
時差ぼけ?なのかちょっとぼーっとしてます。

ニューヨーク、面白かった!
大きな都市ってどこもたいして変わらないのかもって思ってたけど、
いやいや本当に魅力的で素敵な街でした。
基本アンチ・アメリカの嫁が「いつかこっちに引っ越しするのもいいね」と言っちゃうくらい。
展示会のためにやってきたニューヨーク2週間、てきとーに記事アップしていきます。

d0162815_22502883.jpg
初日。おのぼりさんの基本、タイムズスクエアにて・・・



応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]