カテゴリ:教室( 15 )

一昔前はイスタンブルで陶芸教室に通ってる人って
ちょっと年配の小金持のおばさんたちが多かったけど


今はずいぶんと若い人が増えた。

d0162815_08245264.jpg


先月結婚した新婚さん。
普段はオリーブの木を彫ってスプーンなんかを作っています。
http://www.mucsatelier.com/
一度手本を見せたら、すぐにほぼ同じものを作ってしまうスーパー生徒。
この子はすごい。



d0162815_08320485.jpg


彼女は教室最年少の19歳。
高校生の頃から来ていて、今はビルギ大学の学生さん。
両親ともにお医者さんで、名門高校通ってて頭いいしこの子もその道に進むのかなと思っていたら
高校生最後の年に進路相談をされて、プロダクトデザインとか面白いと思うよって言ったら
そのままプロダクトデザインの道に進んじゃった。
とても頭がきれるので、将来が楽しみな女の子です。



生徒さん紹介でした。







応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ





[PR]
花見酒の変わりに教室でロゼワイン。

d0162815_08371335.jpg


うーん・・・ロゼワインって、おいしい?






応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ





[PR]
by teppeiyama | 2017-04-04 04:02 | 教室
お酒ライフの大部分をラクが占め、ビール三割、ワイン少々(好きじゃないけど何となく飲む)
残りは日本から持ってきて大切に飲んでる日本酒、焼酎とかウイスキーなどをちょこちょこ。
なんなら残りの人生、お酒はラクとビールだけになっちゃっても生きていけるよ、
そんな嗜好になってしまったトルコ在住10年半のアラフォー男子。
甘いリキュール系のお酒は苦手でほとんど飲みません。

20代の頃は甘いお酒も好きだったし、今も嫌いというわけではないからあればそりゃ飲むけど、
歳をとると甘いのはどうも飲酒欲が湧かない。(でも甘いお菓子は大好き)


そんなある日、陶芸教室で生徒さんがこういうの持ち込んできた。

d0162815_782517.jpg
メロンフレーバーのウォッカ。
イタリア産で、Migrosでも売ってるそうです。
とってもよくできたメロン味です。そしてひじょ〜に甘い。
甘かろうが辛かろうが、教室でのお酒はウェルカムです。
粘土をこねこねしながらの甘いウォッカはなかなか美味しかった。
甘いお酒好きな方に超おすすめ。






応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
長い夏休みも終わり、陶芸教室再開。

d0162815_734641.jpg

今シーズンもがんばろう。





応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
生徒さんが自家製ワイン持ってきてくれた。

d0162815_5271490.jpg
お昼からみんなで乾杯。
ワインよく分からないけど、自家製ってだけでなんか美味しく感じる言葉の魔法。
お昼からお酒飲みながら土遊びって、いやあ贅沢。





応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
d0162815_81539.jpg
ろくろを始める生徒さんにいつも言う。
ろくろには才能なんていらないよ。

上達のスピードはひとそれぞれだけど、誰だって必ずできるようになる。
ただ我慢と時間が必要。上手になりたかったらあきらめるな。

それでももしできなかったらそれはたぶん教え方が悪いんだね。
そう言って、責任をもつ。











応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
2015年ももうすぐ終わり。
今年はいろいろと慌ただしく、こちらのブログは放置気味になりました。
(今数えてみたら、一応21記事ほど書いていますが)
陶芸ブログと釘うちながらここ数ヶ月陶芸の記事を書いてないことにも気づく。

書いてないけど毎日ちゃんと工房で働いています。
どういうわけか陶芸教室が満員御礼。
自分の作品をつくる時間をみつけるのが大変になってきた。
今年はろくろを習いたいという人がぐんと増えたね。
わざわざアダナやアンタリアから習いに来てくれる人もいるんだから。
みなさん、一生懸命粘土を練ってろくろを練習しています。

菊練りだってこの通り。

d0162815_873631.jpg



ろくろって一度もやったことない人には簡単にできちゃうように見えるらしくて
最初の授業で中心を取ることすらできないことに愕然(笑)とする生徒さん多し。

d0162815_873027.jpg



そういう人たちが教室で一歩一歩上達していく。嬉しいよね。

d0162815_872217.jpg

よし、また来年もがんばろう。





応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
陶芸教室には、工房から歩いて5分のところから通う生徒さんもいれば、
サルイェルの北の方(もうそこって黒海・・・ってとこ)から車で1時間半かけて来られる方もいて
ほんとイスタンブルのいろいろなところから生徒さんが来てくれています。

そして今回、わざわざ地中海都市のアダナから陶芸家の女性がやってきました。

d0162815_7471166.jpg
ちょくちょくイスタンブルに用事で来るそうなので、その時々にろくろを習いたいということ。
生徒さん達の熱心さ、見習わないといかんね。







陶芸教室開講中。
応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
今朝10時、工房に向かう途中に小学生の下校集団に遭遇。
お、こんな時間になんだなんだ。

皆さんとっても元気で、はつらつ顔。
そして手には・・・修了証?通信簿?

うわあ、もしや明日から夏休みかあ。
6月中旬から9月中旬まで3ヶ月、トルコの夏休みは長い。
僕から見るとさすがに長過ぎて飽きそうな気がするんだけど、どうなんでしょう。
いやしかし親は大変だね。


というわけで、以前からたまにご要望はいただいていたのですが
今年の夏休みは子供教室を開くことにしました。

d0162815_652727.jpg

工房はアジア側ウスキュダルのFıstıkağacıバス停から徒歩3分のところにあります。

お問い合わせは、teppeiceramics@hotmail.comまで
好奇心おう盛な子供のご参加、お待ちしておりまーす。

ipadは放り投げて、粘土遊びをしよう!



応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
ろくろを習いたい生徒さんに最初に教えるのは、土練り。

d0162815_8515094.jpg


トルコではこういう練り方しないんだよね。

d0162815_8521471.jpg


とっても珍しがられます。

d0162815_9532068.jpg

トルコで流行るかな?





陶芸教室開講中。
応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]