<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


蒸し暑い真夏日の夕方、息子をベビーカーにのせて近くの森に散歩に行く。
ちょっと前まで天気がよかったのに、雲行きが怪しいなあ、と思っていたら遠くの方でごろごろごろ。
ああ雷くるな、森にいくのは止めて公園にちょっと寄って早めに帰ろう。
公園に着いてボスポラス海峡を挟んだヨーロッパ側を眺めてみると・・・
ファンタジー映画でも見ているような真っ黒い雨雲。

妻から電話。
「ひょうが降るみたい、早く帰って。エディルネではひょうで何台もの車のガラスが割れたって」

ふーん、まだここの雲は明るいから大丈夫だろうけど、そういうことならじゃあ帰ろうかな。
と公園を出てベビーカーを押しながら5分も歩かないうちに、
お?お?お?お?
異常な早さであたりが暗くなった。

さっきまで海峡を挟んだヨーロッパ側を見ていたのに、今は10m先の通行人の顔も見えない!
いきなりの暗さにみんなびっくり。
あーこれやばいな、と思いながらも無事アパートの入り口に到着。
ベビーカーのベルトを外しにかかる。

コツッ
コツコツッ

あ、ひょう降ってきた、急がなきゃ。
と思ったその瞬間、

ゴツッ

ベビーカーのすぐそばにでかいのが落ちた。

うわっこれはやばい!!!!
焦ってベルトをうまく外せない。

バシッ
ビシッ
ボクッ(腰に当たる)

痛っっっ!!
え?!え?!まじなのこれ???!!!

ベビーカーから息子を剥がしとり、急いでアパートの扉を開けてすぐ閉める。

ドゴーーーーーー
扉を閉めたとたん、勢いを増して本格的に降り出した。

ゴツッ
バコッ
ベコッ
バコッ

アパートの鉄の扉にひょうがぶち当たる。
息子と僕、唖然。
アパートの階段に妻がかけ降りてくる、
僕「ベビーカー、まだ外なんだけど・・・笑」
妻「一瞬でも外に出たらダメ!!ベビーカーはあきらめて!」


バリバリバリバリッ

屋根や窓ガラスや壁にひょうがぶち当たり、アパートに轟音が鳴り響く。
窓から外を見ようにも、ひょうがガラスを突き割りそうな勢いなので近づけない。

そのまま10分、15分。
ようやく勢いが収まってきた頃、ベビーカーの様子を見に外に出る。
扉を開けて目に入ったのは、アパート1階にある美容室の砕かれ落ちた看板。
ベビーカーを探すもどこにも見当たらず。道路は洪水のような水の流れ。
もしかして流された?と思って肩を落としていると、
美容院のおじさんが「ここ、ここ」と声をかけてきた。
振り向くと、美容院の中にベビーカー!
「いやあ間一髪だったね君たち」
おっちゃん、ありがとう!!
看板、ゲチュミシュオルスン・・・

アパート周辺を見てみたら、2台の車のフロントガラスが割れていて人が集まってる。
僕らの車はガラスは割れていないものの、屋根やボンネットに小さなでこぼこが見える。
ひょうの威力、すげえ。


家に戻ってバルコニーを見てみる。

d0162815_05321831.jpg

愛用のイス・・・長い間お疲れさまでした。



サボテン。

d0162815_05324838.jpg

だ、大丈夫ですか・・・?
バルコニーにあった植物は軒並みひょうにずたずたに・・・。



バルコニーで拾ったひょう。

d0162815_04213840.jpg

ある程度溶けてしまってこの大きさだからね。
こんなのが猛スピードで落ちてくるんだから、ほんと危なかった。
息子とベビーカーで歩いている時にひょうが降っていたら・・・。
もしあと1分、いや30秒アパートに着くのが遅かったら・・・。




嵐の様子。


※1:27の降り方がちょうど僕らが経験した感じ。小さな隕石だよもうこれは。
※0:45の人は遊んでいるだけです、ご心配なく。トルコ人のこういうとこホント好き。
※2:49からの動画、何倍速なのか分からないけど、車の流れの速さからして数分の動画だよね。
ホントそれくらいの短い間に突然真っ暗になって嵐が来た。


いやあ自然って時々とても怖いね。
そうそう、昨日40歳になりました。





応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ


[PR]