ニシャンタシュにて

Sadi Direnさんの展示会に行ってきました。

d0162815_6472487.jpg
Devlet Sanatçısı(ナショナル・アーティストとでも訳しましょうか)というだけあって、
会場は人・人・人。


当人この方、写真右。
d0162815_656394.jpg
「おう、お前来たのか」なんて、来ますよそりゃ。


会場は年配のお偉いさん方もたくさん、なんだか気軽にSadiさんに近づけない感じ。
いつもコーヒー作ってやったのにさ。
でもしかし、晴れの舞台ですもんね、若造は引っ込んでおきますか。。。

写真パシャパシャ撮ってきたので、会場に来れない方のためにSadiさんの世界、少しだけご紹介。
使いっ走りの人間の余計な解説や感想はないほうがいいかも・・・ということで写真だけ。
しばしご堪能ください。



d0162815_8553137.jpg




d0162815_8424994.jpg




d0162815_8431771.jpg




d0162815_8432130.jpg




d0162815_8432834.jpg
後光がさしてたので何か拝みたくなっ・・・おっと余計な口はきいちゃだめだ。



d0162815_8433365.jpg




上の作品の頭部分
d0162815_8433986.jpg




d0162815_8435331.jpg
手塚治虫の「火の鳥」に、人類が絶滅した後ナメクジが進化して地球を支配するっていう
ストーリーがありましたが、ナメクジが2本足で立ったらこんな感じでしょうか。
あ、別にそういうテーマで作られたわけではありませんよ。ひとり言です。



d0162815_8451029.jpg




d0162815_8512576.jpg




d0162815_9441377.jpg




d0162815_850344.jpg
余計なことは言わないと言いながら、しかしこれは言いたい。
表情がね、いいんです。Sadiさんの作るものは何かエモーションがあるんですよね。
いい具合に鼻水たれてます。


d0162815_845283.jpg
最後はガラス。



作品全部紹介できないのは残念。
でも写真じゃ伝わらないものがあるのも事実。

彼の作品制作のお手伝いができたことはすごくいいチャンスだったと思います。
腕が未熟で迷惑かけたことの方が多かった気もしますが、
少しでも彼の手の代わりになったことは、ちょっと自信と誇りでもあります。
この経験がこれからの自分の活動で生かされていけばいいですけどね。


展示会、来年1月22日までです。
特に陶芸に興味の無い方でも、なかなか面白いのではないかと思いますよ。
そうそう販売価格も見所です。ちなみに僕はね、ぶったまげました。
興味がある方はぜひ会場でお確かめになってください^^
[PR]
by teppeiyama | 2010-12-29 09:50 | 展示会 | Comments(5)
Commented by madamkase at 2010-12-29 17:12 x
ほのぼのとした温かみ、非常に親しみやすい、目に優しい作品ですね。
私ごときが芸術作品をこう喩えては不謹慎かもしれませんが、大好きな「なめこ」「えのき茸」「しめじ」などに似ているように思えてなりませんでした。アナトリアの国宝級のidol,あの有名な双頭のきのこみたいなモチーフも連想させられました。
人物の顔は、埴輪の遠くを見ているような目つきにも似てますし、これは期間中に一度は拝見したいものです。
Commented by teppeiyama at 2010-12-30 08:39
あれしめじですよね、ホント。
何をモチーフ・・・というかどういうテーマで作ったのか僕も聞こうに聞けませんでした。
アーティストさんの発想って凡人にはよく分からない^^
お時間あれば是非是非、展示会のぞいてみてください。
Commented by ateliercinicini at 2010-12-31 02:22
行って来ました!いいですねぇ~。
どれも若々しさ新鮮さを感じましたが、余分なものが削り落とされた感じは長い人生を経た人の作品だなぁ~と
勝手に解釈。
確かに作品は可愛い、でも、販売価格はちっとも可愛らしくなかったです。
リストを見た時、トルコ、またインフレが始まったのかと思いましたよ。笑
Commented by makikoai2005 at 2010-12-31 16:04
Sadiさんの作品、なんか、ヒッタイトっぽいかんじでかわいらしいものが多いですね。ほのぼのとしたかんじというか。お年を重ねていくと、こういう感じの作風になっていくのでしょうか。
 良いお年をお迎えください!
梅の柄の鶏のペアーも出来上がりをとてもとても楽しみにしています!
Commented by teppeiyama at 2010-12-31 23:11
>atelierciniciniさん
半分僕の手で作られたものがあの価格。。。
自分の作品があの価格に届く日なんてはたして来るのだろうか。。なんて考えちゃいました。

> makikoai2005さん
そうですね、ヒッタイトの影響は少しあるかもと思ってました。
ご注文の品、さっそく制作とりかかってます、楽しみにしててください。
よいお年を!