宿題代理人?

ここ一年、たまにトルコ国内のセラミック科の学生さんから連絡がくる。

・授業で世界の陶芸家にインタビューするという課題があって、私は日本を専攻したのですが
 ネットでリサーチしてたら、ちょうどあなたを見つけた、ぜひ話を聞きたい。
・私は日本が好きです、日本の陶芸について質問があります。
・穴窯について知りたい。
とか。

トルコに住まわせてもらって、一応陶芸で身を立てさせてもらっている、ということもあるし
こういうのには時間が許す限りなるだけ答えようと思っているのです。
日本の陶芸に興味をもってくれるのはありがたいことですしね。
忙しい時は面倒だなあと思うこともあるけど、まあこれも仕事か、と割り切って「ある程度」協力してます。


しかしね、
どう考えても学校で出された自分の課題をすべて僕に丸投げって学生がいるんですよね。
最近のひどいものは、

「日本の陶芸について書かれた論文(しかも英語)、ここに書かれてあることが正しいのか
 分かりません。検証して簡潔にトルコ語でまとめてくれませんか?」

翻訳もお任せですか。。。まず自分でするのがスジでしょうが。。。
そのうえで何か疑問があれば訊くならまだしも、まとめろ、とな?


「日本の陶芸について宿題が出ました。歴史と技法と人物について詳しくお聞かせください。
 これは私にとって大事な試験なので急ぎでお願いします」

大体こういう大まかな質問は困ります。というかこれはもう質問の域を超えていますよね。
メール返信きたらそのまま提出する気まんまんというのが気に食わない。

さすがにこの2件には苦言を言って断りました。
学生さん、自分の課題は自分でやりましょう。
[PR]
by teppeiyama | 2011-04-27 07:09 | 日常生活 | Comments(4)
Commented by at 2011-04-28 21:54 x
日本にも本やネットの記事にちょっと手を加えて提出する学生さんがかなりいるらしいし、どこも学生は同じだねw

アドバイスランクに応じた助言価格表を提示すれば問題解決!
Commented by teppeiyama at 2011-04-29 01:40
当たり前のように課題をそのまま突きつけられるから困りものです。
本人としては、やった日本人見つけた課題楽勝〜、なんて思ったんだろうけど
そうはいかんのじゃ!
Commented by makapaka at 2011-05-04 17:13 x
あははははっ!これ、うけるー!!
トルコの人ってホントこういう所ありますよね。
学生時代、セラミック技術の試験直前に学食でご飯食べてたら、
「あんた誰?」っていう子が物凄い笑顔で近づいてきて、「やあ、元気?授業のノートある?ちょっと貸してもらえない?コピー取らして欲しいんだけど。」・・・・外人に頼むか?フツー。
まぁ、ここはトルコだ。
試験まで時間がない、大至急コピーを取ってきて僕に渡してくれ。
と言われかっただけマシだと思うことにしたのでした。
Commented by teppeiyama at 2011-05-05 01:45
まあこの図々しさは人生において時に見習っていいこともあるのかもしれない、
と思いながら、人に仕事を頼むことになんとなく躊躇してしまう日本人teppeiであります。