雨風にさらされて

カッパドキアと言えばこのキノコ岩。

d0162815_22351130.jpg
数億年前の火山の噴火により、ここ一帯には火山灰が蓄積されたやわらかい層と、
溶岩による硬い層が形成されました。
長い年月をかけて雨風による浸食がすすみますが、地層の硬さの違いにより
このようなユニークな形になったようです。


こちらがまだ浸食途中の岩。
d0162815_22362447.jpg
上部から流れる雨水などによる浸食が少しずつ進んでいることが分かります。
人類が滅びてナメクジが文明を持つ頃には(分かる人には分かりますね...笑)
この岩も立派にキノコ岩になってることでしょう。


開けた場所にぽつりと立つふたつの三連キノコ岩。
d0162815_22553467.jpg
騎馬戦で最後まで生き残った2チームのにらみ合い。そんな感じです。




応援クリック、よろしくお願いします^^

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
by teppeiyama | 2012-01-15 23:15 | カッパドキア紀行 | Comments(0)