工房準備:Mermerciへ行く

カドゥキョイからウスキュダルに向かう通りの途中には、
Karacaahmet Mezarlığıというかなり大きい墓地があります。
緑豊かなところなので、墓地だけどのどかな公園みたいな雰囲気。

墓地の北側にあるKapıağasıのバス停を降りると、墓地の通りの向かいに
ずらっとMermerci(大理石屋)が並んでいます。

墓地の近くの大理石屋・・・

d0162815_7563880.jpg
おわかりですね。
そうです、ここ一帯は墓石を制作している工房が集まっているのです。

もちろん、墓石以外にも噴水や階段、フロアやテーブル等など、
大理石製品ならこちらの工房に注文すればいろいろ作ってくれるようです。

d0162815_7562834.jpg
大理石は色も種類もいろいろあります。

今日は先日作ってもらった鉄製の脚の上に載せる台を作ってもらいにやってきました。
日本では陶芸工房の作業台と言えば木材がほとんどだと思いますが、
イスタンブルでは陶芸工房の作業台と言えば大理石なんです。

昔通っていたVitra陶芸工房でもそうだったし、クスグンジュクのAylaさんの工房も、
その他知り合いの陶芸家の方達の工房も、ほとんどが大理石の作業台を使用されています。

当初僕は日本風に木材で作ろうかなあと思っていたのですが
工房を開くにあたって知り合いの陶芸工房にいろいろ意見を訊きにいったところ、
みなさん異口同音に
「木材は大なり小なり反りがでるからダメ」「大理石が一番」
とおっしゃるので、押しに弱い僕は大理石の作業台を作ることに決めたのでした。

大理石と聞いて陶芸家の人ならこんな疑問が湧くでしょう。
「粘土を練る時に粘土と台がくっついちゃうのでは・・・?」

陶芸の作業台用に台を作ってもらう時には、大理石の表面をすべすべに研磨した後
半コーティング又はコーティングしないで作ってもらいます。
コーティングしていない大理石は適度に水分を吸収するので、粘土を練るのも楽チン。
そして掃除も簡単。
何と言っても木材につきものの反りや歪みがありません。

こちらの陶芸家の方達は大きい陶板や陶壁画などを制作される方が多いんです。
そのため全く歪みのでない真っ平らな大理石の台が好まれるんですね。
まあ僕はそんなもの作る予定は今のところ無いのだけれど。

そういうことで、今回は鉄製の脚の寸法に5cm足した155cm×95cm×厚さ3cmの大きさを2つ、
白い大理石の半コーティング仕様でお願いしてきました。
さて、気になるお値段は?

一軒目「450リラ+運送代(不明)」= 約2万円+α
二軒目「500リラ+運送代20リラ」 = 約2万3千円
三軒目「650リラ」 = 約2万9千円
四軒目「450リラ(運送代込)」 = 約2万円
五軒目「800リラ」 = 約3万6千円
 ・
 ・
まあ〜工房によって値段もまちまち。
工房毎にいちいち値段交渉をしたのですが、どうしても450リラ以下には下がらない。
そこらへんがラインなのかな?
四軒目のÖzenさんのところ(上記写真の工房)が人当たりも良かったし
銘柄や材質や加工のことなどいろいろ詳しく説明してくれて
鉄製の脚に大理石を載せる際のことでちょっとしたアドバイスをくれた上に
サービスで大理石の角を作業しやすいように丸く削ってくれるというので交渉成立。

切ってちょっと研磨するだけなので水曜日には持って来てくれるそうです。



応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
by teppeiyama | 2012-11-06 09:40 | 工房 | Comments(6)
Commented by 北村 at 2012-11-04 23:15 x
日本は昔から木材が豊富だったからその辺りも作業台の素材の差になってるのかもね。
料理人の知り合いがピザの生地を練る時に大理石の台で練るって言ってて張り付かないのかなぁ と思ったんだけどコーティングの問題だったんだ。

大理石を試してみたいけど高いんだよなぁ・・・★
作業台が完成したら感想を教えて!
Commented by ateliercinicini at 2012-11-05 05:49
Demirciに行ったり、Marangoz やMermerciに行ったり、工房造り楽しそうね。^^
鉄脚に大理石の台を乗せて、留め具は無しでそのままなのかな?
何かで固定するの?
↑のMermerci 、写真を見ると複雑な形にもカットしてくれるんですね。
ウォータージェットがあるのかしら?
(チニも切ってもらえるのかとチラリと思った。)
工房開き待ち遠しいです!

Commented by teppeiyama at 2012-11-05 08:14
>きたむー
逆にこっちは木材(無垢)が日本と比べて割高なんだよねえ。
大理石は昔通っていた工房で使ってたから慣れもあるし、
使い心地も悪くないし、何より日本と比べたら断然割安ってところがいいね。
作業台の完成が楽しみです。
Commented by teppeiyama at 2012-11-05 08:39
>ciniciniさん
楽しいけど、ものすごく疲れています(笑
バウハウスやコチュタシュやIKEAを歩き回って脚が棒です。

大理石大きくて重量あるのでそのまんま鉄脚に載せても大丈夫なんだけど
Mermerciの親方のアドバイスで窓枠の隙間埋めのためのゴム製バンドテープを
鉄脚と大理石の間に貼付けることにしました。

>チニも切ってもらえるのかとチラリと思った。
どうなんでしょう、木っ端微塵にされそうな気もするけど・・・
Commented by boncuk*tile at 2012-11-07 01:18 x
着々と工房の準備が進んでいるようで
楽しいですね。
私もゆっくりですが、工房の準備を
しています。
知り合いから椅子をもらったり、IKEAに
いってカーテンを探したりと・・
机はIKEAで脚と板を別にかって取付ようと
思っています。
トルコは大理石が安いから、いたるところで
使われていますね。
工房の机が大理石とはなんともゴ~ジャスです。
夏は寝そべったら涼しそう・・・
(チビじゃあるまいし、そんなとこに寝るか!)
早く工房の内装も見たいです。
Commented by teppeiyama at 2012-11-07 07:40
確かに日本から見たら大理石の作業台なんてゴージャスですよね。
でも鉄の脚と大理石台すべてオーダーメイドで2つで3万6千円なんて庶民的でしょ(笑

僕もこちらのIKEAでいろいろ物色してますよ。
使えそうなものがいっぱいで楽しいですよね。