カテゴリ:展示会( 43 )

2006年5月の夜、イスタンブルにやってきた。

誰も知る人がいない街、朝起きて登ったテラスから、延々と続く赤い屋根の絨毯を見た。
そして僕のイスタンブル生活は始まった。

2008年に友人のつてでKuzguncukにある陶芸工房でアシスタントを始めてから今日まで、
この地でいろんな人に出会って、いろいろなものを作って、
本当に人として陶芸家として、たくさん成長できた、うん、本当にそう思う。



そして2015年秋に息子が生まれ、父になった。

イスタンブル、この街が好きだ。
でも家族でみんなで、ここを離れてもうちょっと小さい街に住みたいな、と
そういう気持ちがだんだん強くなった。




2012年秋にイスタンブルアジア側のウスキュダルで開いた陶芸工房、
今月いっぱいで窯の扉を閉めて、ボドルムに引越すことにしました。

今まで陶芸教室に参加していただいた方々、作品をご購入していただいた方々、
本当にありがとうございました。

今月27日より、イスタンブルを離れる前に最後に小さな陶芸展を開催します。


d0162815_10582464.jpg



この約10年間の陶芸生活で、作るものもいろいろ変わりました。
日本で陶芸技術を習って、もちろんそれが基本になっているんだけど
この街は僕の作品にたくさんの影響を与えてくれた。

昔作った作品、最近の作品、伝統的な作品、モダンな作品、
そこにイスタンブルの風景は見えなくとも
その内側には確かにイスタンブルの痕跡があるのです。

と、いうことで

Hidden Traces of Istanbul

イスタンブルでの陶芸活動の集大成としたいな、と思います。



Arnavutköy Mahallesi, Bebek Arnavutköy Cd No:75, Beşiktaş/İstanbul
0212 257 0667
月〜土曜日10:00-18:00 日曜日定休
オープニングパーティー : 9月27日木曜日 18:00-20:00

個展のFacebookイベントです。

期間中、Arnavutköyにお立ち寄りの際は、是非展示会にも足を運ばれてください。 お待ちしております。






応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ






[PR]

ずっと行こう行こうと思っていて行けてなかった、
サバンジュ美術館の「Ai Wei Wei on Porcelain」

d0162815_07264130.jpg


今月で終わってしまうので、こりゃいかんと行ってきた。


Ai Wei Wei、アイ・ウェイウェイ、中国の現代美術家です。
日本での知名度ってどうなんでしょう。
トルコではもうずいぶん有名になりましたね。
建築、映像、彫刻といろんな分野で活動しているけど
陶磁器アートを使った社会活動家、という面が僕の周りでは有名です。
一躍有名になったのはやっぱり、2010年に発表された、ヒマワリの種のインスタレーション。

磁器製の無数のヒマワリの種、中国の景徳鎮の人々と共同で制作されました。
景徳鎮って言ったらね、中国磁器の一大産地で僕ら陶芸の世界では有名どころですけど、
陶磁器に興味のある人でない限り普通あまり知りませんよね。
でもこの作品のおかげで、アイ・ウェイウェイとセットで景徳鎮という名も世に知られるようになりました。


ヒマワリの種制作のドキュメンタリーです。
面白いので観てみてください。




今回のサバンジュ美術館での展示作品もほぼ磁器。
アイ・ウェイウェイの歴史を磁器作品で辿っていくような展示会でした。
磁器作品といっても、それのみが作品というわけではなく
その作品を作った背景、それが訴えるメッセージ、その社会性が作品。

だから作品自体を鑑賞するだけではなく、
ちゃんと説明文を読まなきゃ作品の意図するものが分からない。
アルファベットを読むのが嫌いな僕にはなかなか大変な展示会でした。

そういうわけで作品写真を見るだけではあまり意味がないのだけど
せっかく撮ってきたので少し紹介。


d0162815_08011981.jpg


d0162815_21425485.jpg


d0162815_21435682.jpg

d0162815_08042657.jpg

d0162815_08155998.jpg

d0162815_21461044.jpg

d0162815_21445677.jpg


ヒマワリの種、やっと見れた。
d0162815_21462885.jpg

d0162815_21452216.jpg


d0162815_21442844.jpg

d0162815_21455468.jpg
ここは圧巻の空間だったよね。



彼のような人物は今の日本国内では出て来ないんじゃないかな。
たぶんそれは悪いことではなく、なんだかんだ言っても日本は平和だから。
でも外を見渡せば、そこはどこでも彼のような活動家が必要な世界。
そしてここトルコもそう。(すごく必要!)


ああこういう表現って面白いなって思ったけど、反面、
作品の動機である嫌な現実も目の当たりにしてちょっとへこむ。
アートってなかなか難しいね。







応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



[PR]
明けましておめでとうございます。
2018年も気が向いた時にぼちぼち記事を書いていこうと思います。

BeşktaşのAkaretler Sıraevlerで開催されている、Füreya Koralの展示会に行ってきました。
Füreya Koralはトルコで最初の女性現代陶芸家で、
トルコでは陶芸界のみならず現代芸術の分野でとても重要な位置にある女性です。


実は2010年に始めたこのブログの一番最初の記事が、彼女の生誕100周年記念の陶芸展の記事でした。
懐かしい。。





それでは家族3人で会場散策。

d0162815_08365894.jpg


展示会で騒がないように、息子には風船。(道ですれ違ったおじさんがくれた)



d0162815_08473435.jpg





d0162815_08480519.jpg




d0162815_08445138.jpg





陶芸作品だけではなくて絵もあるよ。

d0162815_08372639.jpg






この鳥のオブジェはFüreya Koralの代名詞作品。

d0162815_08151073.jpg





お気に入りはたくさんのこの小さな家。
d0162815_08413773.jpg





そして注目はこれ。右の陶板。
d0162815_08412247.jpg


・・・王蟲?
と思ったらもう王蟲にしか見えない。
そうなると右下隅の模様がナウシカに見えてくる不思議。 





Füreya Koralの展示会、とっても楽しい空間です。
入場無料、今月18日まで。








応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



[PR]
by teppeiyama | 2018-01-06 22:35 | 展示会
グループ展示会「コバルト」での参加作品です。


d0162815_17453735.jpg

"Rising"




d0162815_17450716.jpg

"Mirage"




D'art Gallery : Bereketzade Mah.Hacı Ali Sok.Şükran Apt. No:8 Galata, Turkey
会期は7月7日まで。







応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ





[PR]

İstanbul Seramik Sanat Günleri が今週木曜日で終わりますが
金曜日からはガラタにあるD'art Galleryでグループ展が始まります。


d0162815_05315851.jpg

テーマは”コバルト”
14人の陶芸家が、それぞれの形で作品にコバルトを落とし込みます。
どういった作品たちが出来上がっているのか、僕も展示会が楽しみです。
オープニングは6月9日金曜日19:00。
ご来場、お待ちしています。









応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ


[PR]

第4回 İstanbul Seramik Sanat Günleriでの参加作品です。

d0162815_03403530.jpg

"To Another Dimension"    




オープニングは息子も一緒に。

d0162815_03463356.jpg


タクシムCumhriyet Sanat Galerisiにて6月8日まで展示中。
ワークショップも開催中。
お待ちしておりまーす。






応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ





[PR]

今月18日より、タクシムのCumhuriyet Sanat Galerisiにて
第4回 İstanbul Seramik Sanat Günleri 陶芸展示会が始まります。
今回も参加させてもらってます。

d0162815_21282804.jpg


オープニングは18日午後4時から。
場所はイスティクラル通り入り口すぐ右、
タクシム広場にいるジプシーの花売りさんたちが背にしている建物です。
トルコの陶芸は日本と違ってオブジェが多いので、いろいろなアイデア作品があって
なかなか面白いんです。しかもここ数年の空前の陶芸ブームでレベルも向上中。
ぜひ立ち寄ってみてください。




会場では、作品展示のみではなく、いろいろな技法のワークショックもあります。
僕は23日と30日に菊練りとろくろのワークショップをやることになりました。

d0162815_21182799.jpg

d0162815_21184289.jpg

d0162815_21185829.jpg
なんだか大変そうだけど、がんばろう。




応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ



[PR]
基本的にオブジェ等のアート作品が占めるトルコの陶芸。
そんなトルコで珍しい、カップのみの展示会。

d0162815_8521313.jpg

トルコでたくさんの陶芸家とカップのみの展示会を開く、というのは
実は僕の長年の夢だった。

詳しいことは、トルコ語ブログの方で書いています。
https://teppeiceramics.wordpress.com/2017/02/10/gec-mi-kaldim/

トルコの陶芸家のみんなにいつか伝えたい、と思っていたことなので、頑張った。
書くエネルギーをあっちのほうで使っちゃったので、こちらでは展示会の告知だけ。
こんなに書いてて何ですけど、この展示会、僕参加していません(笑)
興味ある方はグーグル翻訳してみてくださいな。誤訳盛りだくさんだと思うけどね。

展示会のあるギャラリーは、ガラタ塔の坂を下ったところにあるD'art Gallery です。
アドレス: Bereketzade Mh. Hacı Ali Sk. Sükran Apt. No: 8 Beyoğlu
今月28日までの開催です。

陶芸に興味のある方、是非立ち寄ってみてください。
オーナーさんにテッペイのブログ読んで来ましたって言えば、コーヒーかチャイをくれるかも。




応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
毎年恒例になった、トルコ全土の陶芸家が参加する一大陶芸グループ展、
第3回 İstanbul Seramik Sanat Günleri が5月16日より開催されます。


d0162815_392483.jpg

メイン会場は、イスティクラル通り入り口右にある、
Taksim Cumhuriyet Sanat Galerisi (Maksem) です。

今年は陶芸作品だけでなく、ガラス作品も多くあります。
(トルコでは陶芸とガラスは基本的にひとつの学科内で学ぶので、
陶芸を学んだ方は同時にガラス工芸もできるケースが多いです)

今年は365名の陶芸家、ガラス作家が参加しています。
今年も僕も参加させてもらっています。


他に、毎年一大学の陶芸学部の展示会が行われる CRR Konser Salonu Fuayeleri では
今年はHacettepe大学芸術学部陶芸学科の方々の作品が展示されます。

そしてAtatürk Kitaplığı Galerisi ではアマチュア陶芸家の方々の作品が展示されます。


この3会場でプロアマ学生含め総勢562名、1,000以上の陶芸+ガラス作品が展示されます。


オープニングはTaksim Cumhuriyet Sanat Galerisiにて5月16日17:30より。
期間中、Taksim Cumhuriyet Sanat Galerisi の奥の部屋にて参加無料のワークショップも開催されます。
タクシムに行かれる方は是非立ち寄ってみてください。



İstanbul Büyükşehir Belediyesi Kültür Daire Başkanlığı Kültürel Etkinlikler Müdürlüğünün bu yıl üçüncüsünü düzenlediği İstanbul Seramik Sanat Günleri, 16 Mayıs'ta başlayacak.

Bugüne kadar düzenlediği binlerce etkinlik ve çıkardığı birbirinden değerli yayınlarla İstanbul’un kültür-sanat hayatında önemli bir yer edinen İstanbul Büyükşehir Belediyesi (İBB) Kültür Daire Başkanlığı Kültürel Etkinlikler Müdürlüğünün ev sahipliği yaptığı 3. İstanbul Seramik Sanat Günleri, 16 Mayıs-6 Haziran tarihleri arasında gerçekleşecek. Seramik sanatını toplumumuza tanıtmaya, toprağımızla harmanlanıp çıkan tasarım ürünlerinin güzelliğini sergilemeye ve bu toprağı yoğurup şekillendiren değerli sanatçıları halkla buluşturmaya devam eden İstanbul Seramik Sanat Günleri programının açılışı, 16 Mayıs Pazartesi günü İBB Taksim Cumhuriyet Sanat Galerisi’nde (Maksem) 17.30’da olacak.

Geçtiğimiz yıllarda yoğun bir ilgi ile takip edilen ve küratörlüğünü Duygu Bağlan’ın üstlendiği İstanbul Seramik Sanat Günleri, bu kez İBB Taksim Cumhuriyet Sanat Galerisi (Maksem), CRR fuaye alanı ve Atatürk Kitaplığı Galerisi olmak üzere üç ayrı mekanda, üç ayrı kategoride gerçekleşecek. Türk seramik sanatının bütün kuşaklarından en önemli sanatçıların çalışmalarının yer aldığı karma sergi, Maksem’de sergilenecek. Her yıl farklı bir üniversitenin eserlerine de yer veren İstanbul Seramik Sanat Günleri’nde bu yıl Hacettepe Üniversitesi Güzel Sanatlar Fakültesi Seramik Bölümü öğretim elemanlarının çalışmaları gösterilecek. Atatürk Kitaplığı Galerisi’nde ise seramik ile amatörce uğraşanların yaptığı eserlerden oluşan sergi gezilebilecek.

Kültürel mirasımızı, seramik sanatıyla bütünleştirerek topluma sunacak olan 3. İstanbul Seramik Sanat Günleri’nde; Bingül Başarır, Zehra Çobanlı, Güngör Güner, Mustafa Tunçalp, Candan Dizdar Terwiel ve Türker Özdoğan’ın da içlerinde yer aldığı 365’i sanatçı olan 562 katılımcının eserlerine yer verilecek. 3. İstanbul Seramik Sanat Günleri boyunca Maksem’in iki odası halka açık tam teşekküllü seramik atölyesi olarak hizmet verirken değerli seramik sanatçıları kendi uzmanlık alanları ile ilgili atölye çalışmaları yapacak.

Anadolu kültürünün ve sanat tarihimizin en renkli unsurları arasında yer alan seramiğin tüm
yönleriyle sergileneceği 3. İstanbul Seramik Sanat Günleri, 6 Haziran’a kadar devam edecek.



応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]
先月タクシムで開催された2. İstanbul Seramik Sanat Günleriで選ばれた
41人の陶芸家によるグループ展示会が、今週24日水曜日より始まります。

d0162815_7424519.jpg

ちょうどこの時期に"koalisyon"なんて、これみよがしにつけられたタイトルにちょっとドキッ^^

開催場所はガラタ塔を少し下りた辺りにある、D'art Galeriです。
İstanbul Seramik Sanat Günleriに行きそびれた方、ぜひD'art Galeriに足を運んでみてください。





陶芸教室開講中。
応援クリック、よろしくお願いします^^

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]