Xantos(クサントス)というところに行ってきました。
ここはリュキア文明の首都だったそうで、現在はユネスコ世界遺産に指定されているそうです。


古代円形劇場

d0162815_4211971.jpg


教会跡地

d0162815_422437.jpg


石碑に刻まれた文字。何語?

d0162815_4235729.jpg


途中見つけたカメ。こんな乾いたところで何食って生きてるんでしょ。

d0162815_4181068.jpg


トカゲも発見。

d0162815_3152293.jpg


遺跡の中をヤギとヤギ使い(?)のおばさんが悠々と歩いて行きました。

d0162815_4202983.jpg
街は朽ち果てても、人は絶えることなく暮らし続けているんですね。


ギャラリーのオープン、またもや1週間延期になりました。
おーい、オープン前にイスタンブルに戻ってしまうぞ・・・。
[PR]
リュキア文明って知ってますか?
古代西洋史に興味がないと普通あんまり知りませんよね。
僕は高校で世界史専攻してたけど、うーんそんなもの習ったような習ってないような。。
要するによく知りません。

今日はPatara(パタラ)というところに行ってきました。
ここはリュキア文明の都市のひとつで、神話で有名なアポロン神殿は
ここPataraにあったのではないかと言われているそうです。

d0162815_0555865.jpg
昔はそれこそ大勢の人で賑わった場所なのでしょうが、今では砂に埋まった遺跡群が残っているのみ。
時の流れを感じますね。

d0162815_0524032.jpg
凱旋門。
文明の最盛期にはそれはそれはたくさんの人が行き来してたのではないでしょうか。
今はとなりの小道を観光客が車で通り過ぎて行くのみ。

ちなみにサンタクロースのモデルである聖ニコラウスは、ここPatara出身なのですよ。


遺跡群を横目に道を進むと、海に出ました。

d0162815_182366.jpg
Pataraは貿易で栄えた都市だったらしいので、ここから貿易船が出航してたんでしょうね。
現在では地中海の美しいビーチのひとつとして賑わっています。

d0162815_111380.jpg
海岸は延々と22km続いているそうです。


ここはウミガメの産卵地としても有名で、海岸に行けるのは朝9時から夕方7時までの間のみ。

d0162815_1195225.jpg
「この海岸は、日中はあなたたち、夜はウミガメたちが利用しています。海岸を守りましょう」


ギャラリー、明日オープン(らしい)です。
[PR]
ギャラリーのオープンが1週間先延ばしになったので
Kalkanという街でのんびり待ってます。
先日のブログでギャラリーのある街は Kaş と書きましたが、
僕の勘違いで、正しくは Kalkan(カルカン)です。
まあ地理的に大した違いはないのですけどね。

それにしても、ここは暑いです。
日差しが痛い・・・。


d0162815_3431823.jpg
南国と言えばやっぱりハイビスカスですね。
ペンションのバルコニーに咲いてました。



d0162815_349455.jpg
近くにあった隠れ家みたいな海。
久しぶりに青い海を見ました。


近々、ギャラリーオープンです。



追記 写真の海岸は Kaputaş (カプタシュ)というとこらしいです。
[PR]
今週末から、地中海のアンタリア地方にある Kaş(カシュ)という街にあるギャラリーで
作品を置いてもらうことになりました。
今夏新しくできるギャラリーらしく、土曜日にオープニングがあって僕も出席することになりました。
個展が終わって一息つこうと思った矢先、ドタバタでKaşに飛びます。

実はこれがトルコ滞在5年目で初めての地中海。
というか4年ほど前にカッパドキアとイズニックに行って以来、
イスタンブル近辺から出たことがありません・・・。

今回は一応仕事で行くのですが、すごく海がきれいなところらしいし
ぼくら夫婦は新婚旅行をしてないので、ついでに少し長めに休暇をとってのんびりしたいと思います。
僕にとっては今のところトルコ=イスタンブルなので、他の地方に出かけるのはわくわくです。
出発までにまだたくさん仕事が残っているので、がんばって片付けないと。


d0162815_953862.jpg

鳥の作品集、ホームページにUPしました。
WORKS
[PR]
先週の金曜日、個展終了しました。
期間中、忙しいなか足を運んでくださった方々、ありがとうございました。

期間中はなるべくギャラリーにいようとは思っていたのですが、
多忙と疲れで留守にしてしまった日も少なからずあり、
わざわざご来場くださったのに、挨拶できずじまいになってしまった方々、どうもすみません・・・。
みなさんが書き残してくれたコメントブック、大事に保管したいと思います。

初めての個展は始めから終わりまで、作品を作る以上にエネルギーが要りました。
学生時代の展示経験思い出して、あたふたやりながらなんとか開催できました。

そして15日間、たくさんの人に出会い、話をし、夜は飲みに連れて行かされて
いろいろな新しい仕事のチャンス、アイデア、機会をいただきました。
人と会うのはホントに大事なんですね。


d0162815_13213145.jpg

個展最終日夜、作品の写真撮影。
売れてしまったものは、このあと梱包してお客さんに渡すのでこれが見納めです・・・。

達者でなー。
[PR]
アパート2階上の友達がアンカラに引っ越してそちらで結婚することになり
記念に何か作ってやろうかなと、昔流行ったオーブン粘土を久しぶりにいじってみました。


d0162815_19423244.jpg
こちらオーブン粘土「FIMO」 


d0162815_19453423.jpg
適当に混ぜ合わせて色作り。


d0162815_19484632.jpg
伸ばして重ねて伸ばしてを繰り返して混ぜていきます。


d0162815_19473283.jpg
仕上げは菊練り(笑)

続きはこちら・・・
[PR]
忙しくて報告が遅くなりましたが、先週の金曜日に個展開催しました。

今トルコはバカンスシーズンで、ギャラリーはこの期間を ölü sezon(死のシーズン)と呼んでいて
展示会等を開くにはあまり向いてない時期ということだったのですが
予想外にたくさんの人に来ていただいて大盛況でした。
d0162815_4581518.jpg

最初に簡単なスピーチを・・・。

d0162815_521339.jpg
たくさんの人の前で喋るのは苦手なので、緊張してまとまりのない
グダグダしたスピーチになってしまいました。

d0162815_5384729.jpg
何はともあれ、たくさんの人に作品を見に来ていただいたことが一番ですね。

続きはこちら・・・
[PR]
突然、ラジオ出演のオファーがきました。

Açık Radyo(アチュク ラジオ)というチャンネルで
今日7月7日、夜の7時(日本時間 翌1時)から、たぶん30分くらいのプログラムで
自身について、個展について、トルコでの生活について等々、トークすることになりました。
今は海外のラジオでもインターネットで聴くことができますので
興味のある方はどうぞ聴いてみてください。(もちろんトルコ語ですけどね。。。)

Açık Radyo

サイト左にある CANLI YAYIN (LISTEN LIVE) をクリックで聴くことができるみたいです。

お楽しみに。

d0162815_9135988.jpg
[PR]
今週末はイスティクラル通りとその周辺の日本料理店、カフェやバー、本屋さん、各国文化センターなどに
展示会のポスターを貼らせてもらったり、カードを置かせてもらうようにお願いしてまわってます。

土曜日はお昼から夜10時過ぎまでいろんなところを歩いてまわって宣伝してきました。
今はインターネットで宣伝するのも簡単だし、すごく有効なのですが(もちろんそれもやってます)
やっぱり雰囲気のいい飲み屋に貼ってあるポスターの効果はあなどれん、ということで貼りまわってます。
しかし人ごみの中を長時間歩くのは大変ですね。もう脚が棒のようです。


通りの途中で見かけた銅像?たち。

d0162815_1952670.jpg


d0162815_1945717.jpg


足下にある帽子にお金放り投げると動いてくれました。
暑い中ご苦労様ですね、僕もがんばります。
[PR]
忙しくて遅くなりましたが、個展の案内状できました。
d0162815_2191144.jpg


期間は7月2日(金)〜16日(金)
場所はBeyoğluベイオールの İstiklal イスティクラル通りにある
Bindallı Sanatevi ビンダルル・サナットエビというギャラリーです。

今回の展示はもともと僕の友人が企画してくれたもので
イスタンブルにあるロータリークラブのアートプロジェクトから支援をいただきました。
他にトルコの6企業のスポンサーがついてくれて、ポスター、DM作成、ギャラリーの賃貸料など、
僕個人では賄えきれなかった展示会における費用面でも援助をいただきました。

そして、外務省のプロジェクトである「2010年トルコにおける日本年」の一事業として
僕の展示会も認定していただきました。ありがたいことですね。

展示会開催まであと1週間ほどになりましたが、まだまだいろんな仕事が残っていてバタバタ大忙しです。
[PR]